エボラ出血熱のエボラウイルスが空気感染するウイルスに変異した?

スポンサードリンク

03images

色々な病気による感染症には、3通りの感染経路があるのですが、空気中に漂い気道から体内に入って感染するのが「空気感染」、咳やくしゃみなどの飛沫に含まれるウイルスにより感染するのが、「飛沫感染」、患者の皮膚や粘膜に触れたり、衣服や器具などに触れてウイルスが感染するのが「接触感染」です。

エボラウイルスは接触感染型のウイルスで、患者の血液や体液に触れることで感染するために、患者の吐瀉物や下痢などに触れると感染するため、防護服で身を包み患者の治療に当たっている。

bandicam 2014-10-02 15-07-03-894

しかし、今回米国で防護服で身を包んだ医療従事員が感染したことから、「ウイルスが変異して空気感染したのでは」との指摘がなされている。

これについて、国立国際医療研究センターの堀成美氏は、エボラウイルスに空気感染する変異が起きていたら、二次感染がたったの2人というレベルでないはず。

患者の家族や近親者にももっと広がっているはずだ、と否定する。

 

今まで接触感染のウイルスが突然変異し、接触感染ウイルスが空気感染ウイルスに変異した例はなく、今回もそういった変異は確認されていない。

bandicam 2014-10-02 15-05-41-086

もし、エボラ出血熱ウイルスが突然変異を行い、空気感染ウイルスに変異したとしたらどうなるのか。

人類滅亡!!の危機!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ