iOS8でファイルをアップロードすると破損はバグ?

スポンサードリンク

iOS8でファイルをアップロードすると破損するバグが見つかりました。

そのことは、モバイルデバイスの開発者に向けたフォーラムでBreaking the Moble Webがあるのですが、iOS8とiPhone6のWeb開発者およびデザイナー向けには、様々な情報が交換されています。

その中で「バグ問題」という項目があるのですが、、iOS8のブラウザからファイルアップロードをするとファイルが壊れてしまうなどという報告が上がっています。

 

 

その報告によると、

「ウェブ・ブラウザ経由の全てのファイルアップロード機能が動作しない」

「ファイルの選択とか写真を撮るところまでは選択できるのだけれど、その後JavaScriptは何のデータも受け取らない」

この問題は

ホーム画面に設置できるショートカットからは発生しない。

ということです。

つまりどうゆうことかというと

Safariをアプリで起動を行い、ネット上から使用できるファイルアップロードサービスにファイルをアップロードするとファイルが破損するわけです。

そこで私達も実際に試して見ました。

そしたら、Facebook,Googleドライブ,Dropbox,Firestorage,宅ふぁいる便はiOS8からのファイルのアップロードがストップされていると表示されるため、アップロード自体が不可でした。

 

 

その他、GigaFile,Pixomizeはアップロードは始めたものの画面が途中で止まり完了しませんでした。

 

しかしアップロードした写真を「1分~1か月」で指定して自動削除する無料サービス「Jollyshot」のみ、画像をアップロードすることに成功しました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ