エクオールをサプリで摂らずに食品で増やす方法とは?

スポンサードリンク

51

エクオールをサプリで摂らずに食品で増やす方法とは?

身体を守っていた女性ホルモンの分泌が減少

女性ホルモンが減少すると、柔らかかった血管がバリアー機能を失い、徐々に硬くなる動脈硬化になり、生活習慣病を発症しやすい状態に。


この女性ホルモンの減少こそが、女性の健康のターニングポイントなのです。

でも、女性ホルモンが減ってしまうことは、歳を取れば誰にでも起きること。

今までの常識では、自分ではどうすることも出来ない。

がしかし!

近年の研究で解明されてきた新事実こそ、女性ホルモンに成り代わって身体のバリア機能を保つ「スーパー物質」の発見なのです。

その物質の名は、「エクオール」といいます。

 

この「エクオール」を手にすることができれば、動脈硬化が進んだ血管も、見違えるように若返り、脳梗塞や心筋梗塞といった病の予防が期待できるのです。

嬉しい事に、肌のシワも減ってきて若々しく蘇り、なんと、がんの予防まで期待できるのです。

しかも、このエクオールは女性に良いだけではなく、男性にとっても血管が若返るだの同じ効果が見込めるのです。

では、健康物質「エクオール」とはどんな物質?

エクオールと言う物質は、妊娠した馬の尿に多く含まれているのです。


しかし、なぜそのエクオールが女性ホルモンの代わりを務めてくれるのでしょうか。

それは、女性ホルモンのエストロゲンとエクオールの化学式が似ていて、ほとんど一致するのです。

isoflavone_img01


エクオールの構造が女性ホルモンのエストロゲンにそっくりなのです。

実際に動脈硬化が進んだ方に投与したところ、血管年齢が20歳若返ったのです。


女性なら、今最も関心の高い乳がんの予防や、男性なら前立腺がんの予防にもなることが分かってきたのです。

ここで、嬉しいお知らせですが、この若返り物質の「エクオール」なんですが、馬の尿に頼らずとも体内で作る事ができる物質なのです。


では、どうしてこの健康物質「エクオール」を体内で作り出すことができるのか?

血管を守る働きがエストロゲンにはありますが、それとそっくりに「エクオール」にも血管を守る働きがあります。

それに、シワの深さを浅くする、シワを改善する働きがあります。


しかし、エクオールは体内で作れますが、エクオールが作れる人と作れない人がいます。

また、作れる人の中にも、潤沢に沢山作れる人と僅かしか作れない人とがいます。

それでは、エクオールを作れる人とはどんな人なのでしょうか?

大量のエクオールが体内にある人は、どんな食生活なんでしょうか。

健康だけでなく、美しさの秘訣もエクオールに関係しているのかも。

エクオールを作り出す元は、大豆食品なのです。

大豆イソフラボンが鍵のようです。

28003000199


納豆や豆腐などの大豆食品が腸内細菌(腸内フローラー)でエクオールを作り出すのです。

大豆イソフラボンのポリフェノールが、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするので、エクオールを作り出すようです。

また、大豆食品と一緒にとると、よりエクオールが作られやすい食材があります。

それが、玉ねぎやゴボウなのですが、玉ねぎやゴボウには、フラクトオリゴ糖が多く含まれていて、それが腸内最近のエサになるのです。

その他、トマト、にんにく、バナナ、アスパラガスなども同様の働きをするようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ