老化ストップホルモンで、健康寿命を延ばす方法

スポンサードリンク

健康寿命を延ばす

健康寿命を延ばす
老化ストップ法 ⇒ ホルモン 全身の老化を防止してくれるホルモン

老化ストップホルモン

加齢による老化を内側からストップさせた症例が次々と報告されている。

心臓、血管、脳、筋肉など

全身が若返る方法

老化防止ホルモンが多く分泌されている人は、見た目も若く見える。
見た目が若い方 VS 年相応の方
老化ストップホルモン
老化ストップホルモンの分泌にどのくらいの差があるのか?

老化ストップホルモンの分泌量を検査

老化ストップホルモンとは。

グレリンと言うホルモン 1999年に見つかる

利き手を見てみて、人差し指よりも薬指が長いと男性ホルモンが多い。
その反対に、人差し指よりも薬指が短いと女性ホルモンが多い。

男性は、人差し指よりも薬指が長いのが普通で、男性ホルモンが多い。

セロトニン ←→アドレナリン 真逆の性質

低酸素状態では、エネルギーが作り出せなくなっている、というのは老化なんです。

60兆個の細胞

グレリンと言うホルモンをしっかりと分泌していれば60兆個ある細胞が、酸素を使ってエネルギーを量産することができます。
老化ストップホルモン
どうしたら、グレリンを大量に分泌できるか。
グレリンは簡単に作る事が出来る。
お腹のグウーグーウー鳴る音がグレリンを大量に分泌している音。

お腹を思いっきり空かせていれば、グレリンが大量に分泌される。
老廃物が多いほど、細胞の老化が進み、ガンかする。

食べ過ぎで「グレリン」の分泌がない。

脂肪の錆びとは?

身体の脂肪が錆びると認知症やガンになりやすい。

脂肪の錆びを落とすには、ビタミンEが必須です。

ビタミンEの量は、1日25mg以上がベターです。

 

私達は健康寿命を延ばして、更に美しくありたいですね。

例えスッピン地肌です。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ