小林麻央の乳がん手術成功!

スポンサードリンク

小林麻央の乳がん
小林麻央の乳がん手術は根治ではなく、局所コントロール
小林麻央の乳がん手術は根治ではなく、局所コントロールで、奇跡はまだ先のようです。

 

歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央(34)が、10月1日の自身のブログで、乳がんの手術を受けていたことを発表しました。

病院の先生方の勇断により、先日手術を受けまして、術後の回復も順調であることをご報告させて戴きます。ということなのですが、この手術は、決して根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術らしいです。

 

小林麻央の言葉から察すると、横浜市の福田医院の福田伴男医院長は、「がんの一部だけを切除したもので、手術しやすい乳房の部分の切除ではないか」との推察です。

 
小林麻央の乳がん
「QOL(クオリティー オブ ライフ)」と言うのは、看護用語で、生活の質の向上と言う意味合いがあり、「痛みや不安を取り去ることで、患者に安心感を与え、安心感を得た患者の免疫力を上げることで、前を向いてもらうための手術であったのでないか」と言われています。
麻央は更に、「一時は、胸やワキへの転移で、手術さへも選択肢になかった」と、これまでの経緯を振り返り、「例え手術をしたからといって、肺や骨に転移したがんが残っており、痛みもありますから、まだまだこれからが戦いです。ですから、今はまだ喜びとは言えません」とのコメント。

 
小林麻央の乳がん
これから更なる闘病への決意を綴り、「周りの人達は、ここまで来られたことが奇跡だと言ってくれますが、今の段階で奇跡の言葉は使いたくなくて、本当の奇跡はまだ先にある事を信じています。」と、力強く書き込んでいます。
海老蔵は、麻央の乳がんを公開した6月の時点で、「まずは、手術のできる状態まで回復することを目指しています」と話していましたから、そのことが実現したようですね。

小林麻央の乳がん


小林麻央の乳がん



小林麻央が乳がんの手術を受けたのですが、既にステージⅣまで進んでいて、乳がんとしては末期の症状なのです。手術は一応成功しましたが、なんせステージ4なので、他の臓器や骨やワキへの転移が認められるので、完治はなかなか難しいと思われます。 小林麻央は市川海老蔵の妻であってフリーアナウンサーの仕事をしているようですが、ステージⅣの乳がんを患ってしまったため、末期なが手術を行ったようです。

一般的には、ステージ4まで行くと手術を行っても完治することは難しいのですが、小林麻央の希望により、行ったのですが、ステージⅣの乳がんのその元となる部位を手術で取り除く事で痛みから解放したり、前向きな姿勢となりますから、本人に勇気が出てがんに立ち向かうことができます。

確かに、ステージ4まで進行すると5年生存率もかなり低くなっていますが、小林麻央はそれにも負けずに頑張るようです。 ステージⅣという所まで進んでいる乳がんは、かなりの末期ですから、痛みも出てきますから、例えば手術により、その痛みとなる患部を切除することによりもあたかも治ったような気にさせる、そして希望を与える治療となり得ます。

なかなか、ステージ4からの生還は難しいのでしょうけど、小林麻央は常に前向きに乳がんと戦うために、手術と言う選択を行ったのでしょう。 ステージ4となれば、確かに5年生存率もかなり低いことは多分小林麻央でも知っていることでしょうが、そのステージⅣからの脱出方法といえば、マインドを強くするしかないのではと思います。

通常であれば、乳がんと言うだけでヘナヘナとなってしまい、手術を受ける事すら希望をなくしてしまいますからね。例えステージ4の乳がんの小林麻央であっても、ひょっとすれば無事生還を果たしてくれるかもしれませんね。そうすれば、世の中の乳がん患者のステージⅣの人達にも希望を与えることにもなりますから、是非小林麻央の乳がんを完治させ、生還して欲しいと思います。

小林麻央のこの乳がんの手術はステージ4で行われたので、身体の至る所に転移したがんは取り除くことは出来なかったのでしょうけど、小林麻央そのものは、今は割と前向きになって、ステージⅣそのものを客観的に眺めているのではないでしょうか。 乳がんの手術はステージ4までいくと非常に難しいが、小林麻央は明るく前向きに闘っている姿が素晴らしい。たとえ、ステージⅣであっても前向きに乳がんと向き合えば、手術をしたとしても、痛みなんかの改善が見込めるので、今後ますます強気でがんは向き合えます。
ステージ4なんかには負けて欲しくないですね。小林麻央に頑張ってもらって、ステージⅣの乳がんなんて吹き飛ばして欲しいと思います。そのために行った手術なんですから。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ