がん治療が変わる?スーパーコンピュータで!ICTが実現するがんの新薬開発

スポンサードリンク

がん治療が変わる?スーパーコンピュータで!ICTが実現するがんの新薬開発
がん治療の新薬開発
■多大な年月と費用がかかる「新薬」の開発

風邪ひいた、頭が痛い、お腹の調子が悪いなど、こんな時にお世話になるのが薬なんですが、今では近所のドラッグストアに行けば、無数の数え切れない程の薬が販売されています。

それらの薬の開発には、長い年月と巨額の費用が投じられ開発されているのです。
店頭で簡単に買える薬でも、およそ9~17年もの年月と、200億~300億円もの研究開発費が掛かるとも言われています。
がん治療の新薬開発
■その新薬が開発される確率はおよそ「3万分の1」だと言われています。

新たに新薬を作り出すことを「創薬」と呼ぶそうですが、そのプロセスは、まず「標的探索」といって、疾患の原因となっているタンパク質を探し出すことから始まります。

そのタンパク質が探せ出せたら、そのタンパク質に作用する物質を色々作り出し、その中から新薬の候補物質を特定します。

その後、毒性試験や動物試験やその他様々な試験を繰り返し行い、その後人体に使用される「治験」の段階に入ります。

このように長い課程を経て、そして繰り返し行った治験をクリアした薬だけが厚生労働省の認可をもらい、ようやく一般の人達の手に渡るのです。

それでも、これだけの年月と費用を掛けて新薬を開発する確率はとても低くて、その確率はおよそ「3万分の1」なのです。

そこで、東京大学先端科学技術センター、富士通、興和の三社が共同で、新薬の開発を高める研究を行っているようですが、それがスーパーコンピュータの「京」などを使った「IT創薬」なのです。
がん治療の新薬開発
■スーパーコンピュータで数多くの新薬開発を実現しています。

スーパーコンを使い、新薬の開発を行うには、具体的には、富士通がスーパーコンピュータを使い、新薬の候補となる化合物の設計を行い、その設計に基づき興和が化合物を合成、その化合物が新薬として使えるのかどうかを検証します。

それらの実験結果をもとに、東大先端研が設計方針の改良に取り組み、これまでに対応できなかった疾患に対する創薬開発の基盤技術を確立します。
スーパーコンピュータを駆使することで、無数にある物質の組み合わせを効率良く設計、検証することが出来ます。
また、タンパク質の形状などの変化を原子レベルまで見ることができるため、これまで以上に数多くの新薬の開発を進めることが出来ます。

将来、最終的には、個人個人の病気に合わせた新薬の開発も出来るようになるかも知れません。
IT創薬の可能性は益々高まり、今までは開発困難とされてきた難病やがんなどの病気に対する薬、身体への負担の少ない薬などが期待されています。

近い将来には、「がんは怖い病気ではない」という時代がやってくるかも知れません。


deibiotics
スパーコンにより、ガンの良い薬が開発されようとしていますが、でも、女性のデリケートゾーンには薬用イブサクリームが最適ですね。



がんの新薬開発にスーパーコンピュータが使われていることをご存じですか。 がんの新薬を開発したり、難病の新薬を開発したりするのに使用されています。そのうちでも、がんの新薬開発なんかは特に期待されているのではないでしょうか。
スーパーコンピュータを使い、タンパク質の形状を作ったり設計したりして、がんの新薬の開発を日夜行っているのです。 
がんに効果のある新薬開発は途方もなく遠い道のりではあるのですが、スーパーコンピュータを使うと短時間に結果が出るので、次から次へとタンパク質の合成などの設計などを行い、がんの新薬がどれなのかを見つけているのでしょう。

がんなどの新薬開発を人間の頭だけでやれば、とてつもなく時間がかかるために、スーパーコンピュータのお世話になるのですが、それにしてもスーパーコンピュータの力って凄いですね。今までは、コンピュータを何に使えば効率が良いのかが分からなかったのですが、今では、がんの新薬の発明にまで及んでいます。

がんの新薬開発が進めば、世界中で、がんに罹って困っている人やがんで亡くなる人が減少し、ますます人間が長生きできるようになりますね。
これは非常に楽しみです。 スーパーコンピュータの威力は凄いモノで、世界中の人間が分散して17分掛かってやっと出来る計算をたった1秒で終わってしまうらしいですね。ですから、がんの新薬の構造もその内に解明され、幾つもの新薬が今後開発されるでしょう。
がんの新薬開発もスーパーコンピュータを使えば、次第にデーターも溜まって行きますし、ソフトも次第に優秀なソフトやツールが開発されるので、がんの新薬の開発が加速されて行くことでしょう。

がんの新薬開発を人間の手でやれば、あらゆる計算式を駆使してやらないと開発出来ないので、10人や20人の学者が夜も寝ずに頑張っても数百年のオーダーになるのではと思いますが、スーパーコンピュータなら、数日でいくつかのがんの新薬の構造式を提案してくれることでしょう。

がん、を予防することってできるのでしょうか。がんは本当に困った病気なのですが、がんさえかからないようになれば、がんさえ治るようになれば、人間は長生きできるようになるでしょうね。

 

 

今の現代での死因は、やはり、がんですね。
部位にもよりますが、身体中のあっちこっちにと、がんはできます。

できないところがないくらい、至る所で、がんはできます。
もし、がんができないところと言えば、心臓くらいでしょうか。それでも、心臓にがんが出来た人もいたような、聞いたような気もしますが。

ですから、がんだけは、どこでも出来ますし、誰でもが出来ます。
がん、は嫌で、がんでは死にたくないです。がん、で死ぬくらいなら、がんに掛かる前に自殺した方がましです。

がん程苦しい病気はありませんし、がん程痛い病気もありませんし、がん程苦しい病気もないでしょう。
ですから、がんと言う病気さえなければ、この用はバラ色です。どうか、早く、がんを無くして下さい、退治して下さい。早くがんを見つけて下さい。

ただ、がんの新薬開発と言うのは、使われるのが人間相手なので、完璧な新薬でないと使えないところがネックとなっています。 例えスーパーコンピュータが特効薬を設計し開発しても、副作用のあるがんの新薬では使えないので、そのようなところが難しいかも知れませんね。
がん治療の新薬開発をスーパーコンピュータで行うことは、がんの新薬となり得る可能性のある構造式を沢山設計出来るからであって、決して、直ぐに使えるような、がんの新薬開発には直接は結びつかないこともありますね。しかし、スーパーコンピュータのよる、がんの新薬開発には、大いに期待できるものがあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ