俳優の今井雅之さんが28日未明、東京都内の病院で亡くなりました。

スポンサードリンク

今井雅之
舞台やテレビなど、存在感のある演技力で茶の間の人気者でありました、俳優の今井雅之さんが、28日の未明に、大腸ガン末期のためお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り致します。

今井さんは、今年54歳の若さでしたが、大腸ガンの末期であったため、ガンとの戦いに敗れてしまいました。
今井雅之さんは、今まであまり病気らしい病気もしたことがなかったようで、あまり病院にも足を運んだことがなかったようです。

今井さんは、昭和36年兵庫県生まれで、高校卒業後、陸上自衛隊に入隊、法政大学を卒業後、昭和61年にミュージカルの舞台でデビューしました。
平成3年には、タイムスリップしたシナリオの舞台で、特攻隊に心の葛藤を描いた舞台「THE WINDS OF GOD」の脚本や主演などを務めました。

この舞台が成功を収め、日本や米国で公演し、文化庁の芸術祭賞を受賞したものです。
この舞台が今井さんの生涯の舞台となり、国内外で続けられ、平成11年には米国で長期公演を行うなど、高い評価を受けました。

今井さんは、映画やテレビにも数多く出演し、平成5年のNHKの連続テレビ小説「ええにょぼ」ではヒロインのお兄さんを演じました。
また、平成8年のNHK土曜ドラマ「ちいさな大冒険」では主役を演じ、悪役もコミカルタッチの役柄まで、存在感ある演技力で人気を集めました。

今井さんは先月、記者会の際に出演する予定だった舞台公演を、大腸ガン治療のために降板せざるを得ないことを発表しました。
今井さんは、自分の判断で下ろさせて下さい。役者が舞台を降りるのは本当に悔しい、と涙ながらに話してくれました。

27日の、午後4時ごろに、今井さんを病院に見舞いに行った折り、ファンからの千羽鶴を手渡したうえで、今月31日に沖縄で「THE WINDS OF GOD」の今年のツアーの最終日を迎えることを伝えると、今井さんは自分も行きたそうに大きく頷いていたということです。

しかし、今井さんはその後、容体が急変し、28日午前3時5分、入院していた東京都内の病院で亡くなりました。
今井さんも、激しく責め立てる病魔には勝てなかったようです。
cancer_meta
大腸ガンは、今の日本ではガンの死因のトップになりつつありますから、早期発見、早期対策が望まれますが、大腸ガンは早期では自覚症状がないため発見が遅れてしまうのです。

そのため、人間ドックなどの検診機関で、大腸ガン検診を受けることが、最大のリスク管理と思われます。

大腸ガンは、高齢になればなるほど罹りやすく、日本は高齢化社会のため益々大腸ガンの増加が危ぶまれます。
大腸ガンを予防するためには、野菜や果物の多めの摂取と運動が望まれます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ