元サッカーJ2神村奨容疑者を逮捕

スポンサードリンク

20120208-y09元サッカー選手でJ2水戸ホーリーホックの選手、神村奨容疑者が強姦致傷の容疑で逮捕されました。

上村奨容疑者は、女性宅に侵入し乱暴をしたとして、住居侵入と強姦致傷の疑いで、神奈川県警に逮捕されています。
県警の調べるよると、上村容疑者は、サッカーのJ2水戸ホーリーホックなどを経て、昨年の1月に町田ゼルビアを引退しています。

逮捕容疑となった上村奨は、昨年の3月31日午前2時頃に相模原市のマンションの一室に侵入し、1人暮らしの女性(22)脅し、顔を殴ったりして全治1週間の怪我を負わせたものです。

県警では、防犯カメラの映像や聞き込みから上村奨容疑者を割り出したものですが、まだ余罪があるようで、同様の手口の被害が10件ほど把握しているとのことです。

どうしてJリーグの選手が犯罪を犯したのか、不思議で仕方ありませんが、有名でない無名に近い選手ならこのようなこともあるのでしょうか。
大学を出てプロのサッカーJリーグにまで入れて、何が不満なのかと言いたいところです。

それに、犯罪といっても、女性に対する強姦致傷ですから最低ですね。

現在では、プロのサッカーリーグが、J1,J2,J3とあるようですが、その上村奨の籍は、J2でした。
いまは、上村奨は引退表明していますが、現役時代もあまりパッとしなかったのでしようか。

上村奨は、1年ごとに移籍していますね。
外国にいったり、最終的には日本に帰ってきてますが、現役時代はあまり芽が出なかった性もあるのかな。

プロとしてのサッカーが一流ならば、ヘッドハンティングをされてあっちこっちに移籍することもあるのでしょうが、余り芳しくないと追放の身となってあっちにほられ、こっちにほられしますからね。

聞くところによると、大学からプロのJリーグに引っこ抜かれても、年俸はたったの150万位らしく、到底生活出来るような収入ではありませんね。
それを思うと可愛そうな気もしますね。

少しくらいスポーツが出来たところで、少しくらいサッカーが出来たところで、早まってプロの世界に飛び込むとこんな事になってしまうのでしょうか。
大学側もJリーグ側も、もっと慎重に人選を行い、本当に将来ものになる輩かどうか見極めて人選して欲しいものですね。

そうでないと、中途半端でプロでは通用しないような選手が沢山でき、年俸の安い、貧乏な選手が現れて、犯罪に手を染めたりして社会の悪が沢山出来ることになるのでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ