images (1)

肝臓に腫瘍があるかどうかは、人間ドックなどで検査をすれば

腫瘍マーカーの測定などで直ぐに分かります。

 

これなら、血液検査のみですから、痛い思いもすることなく、しんどう思いも

するこくなく、調べてもらうことができます。

 

ですから、早いうちの検査なら簡単に分かりますし、早期発見で助かる可能性も

多いに有るわけです。

 

 

リエママの場合はどうなんでしょうか。

人間ドックにも行っていなかったのでしょうか。

 

私の場合は、1年に一回必ず人間ドックに行ってますので

腫瘍マーカーの血液検査もありますので安心です。

 

その検査で腫瘍マーカー値が高いと精密検査を受け

どこに腫瘍が有るのかを、MRI,CT,エコー検査で調べてもらいます。

 

 

ところで、肝臓に陰が有るなんと言われると、一瞬悪い病気なんかじゃないかなーって

思ってしまいますが、確かに、肝臓に出来る腫瘍のほとんどは肝臓癌などの

悪性のものが多いようです。

 

でも、中には良性のものもあります。

 

良性の腫瘍は、正常な細胞が集まってできた、腫瘍のことです。

123

B型肝炎ウイルスから肝硬変になり、それが肝腫瘍となることが

ありますから気をつけることが肝要かと思われます。

 

肝腫瘍のほとんどが、身体の他の部位でできた腫瘍が

肝臓に転移してきたものが多いとされています。

 

いずれにしろ、早期発見を怠ることなく検査をすることが

大事だと思われます。

 

年に1度は人間ドックも必ず受けるようしたいものです。

 

スポンサードリンク