kiyo

今月の22日に離婚を発表した清原和博(47)は、22年に渡る野球人生で、年俸が少なく見積もっても50億円以上稼いだようだ。

 

しかし、23日のスポニチの報道によると、亜希夫人(45)は慰謝料の要求を断念したとのこと。

理由は清原の金銭的事情によるもので、弁護士を立てて話し合った結果、小学6年生と小学3年生の2人の息子の親権と養育費のみに限られたということです。

 

清原が以前に出演したバラエティー番組の中で、ATMで金を引き出そうとした際に、

残高がなくて下ろせなかったことをしゃべくり、周りから笑いを取っていたが、

それが今は冗談で無くなってきている。

 

今年の3月の週刊誌の薬物疑惑報道の前から、講演やイベントが相次いでキャンセルとなり、

仕事が激減しているらしい。

事務所からの売り込みがあるのだが、テレビ局側も怖くて使えないらしく、金銭的にも逼迫

していたらしい。

 

週刊誌の報道以降は、タレントとして、野球評論家としても開店休業状態であった

らしい。

 

 

前に所属していた事務所の斡旋で、地方のパチンコ店のイベントが数少ない収入源で

あった。

スキャンダルにまみれているとはいえ、清原クラスなら、1回100万のギャラが出る

ものの、そんなイベントがそうそうしょっちゅう有るわけではないからね。

 

 

今年の初めに某飲料メーカーから、CMのオファーが舞い込んだ際も、3000万円

のギャラの前払いを条件にしたと言われるが、そのCMも薬物疑惑の報道で

つぶされちゃったね。

スポンサードリンク