bandicam 2014-10-02 15-05-51-248

富山化学工業開発の「アビガン」はエボラ出血熱の投稿薬となるか!!

 

エボラ熱、日本の薬投与した仏女性治癒、富山化学開発の特効薬!

 

フランスのトゥーレーヌ保健相は4日、エボラ出血熱に感染した
フランス人女性看護師が日本の富山化学工業の「アビガン」を服用し

エボラ出血熱が治癒したことを発表した。

bandicam 2014-10-02 15-07-19-878

服用していたのは、日本の富士フイルムホールディングス傘下の
富山化学工業が開発した「アビガン」で一般名は「ファビビラビル」
という副作用の少ない薬です。
フランスの保健相は、米国、カナダの製薬会社が開発した
薬を含む計3種類の薬の投与を実験的治療として認めていた。
フランスの医療チームは、11月にも西アフリカのギニアで
アビガンの投与実験を始める予定であるらしい。

アビガンは、大量生産ができ、副作用の心配が少ないことから
アビガンの利点を挙げている。

Bj24zTMCcAAPw9M
フランス人女性はエボラ熱のウイルスに感染したことが判明し
フランスに帰国をしていた。

 

19日からアビガンの投与を始め、25日時点でも服用を続けて
いるということです。
富士フィルムは、フランスの政府機関から要請を受けたため
日本政府と協議し緊急処置として提供を行った。
富士フイルムによると、他国からの要請もあると言われている。
WHOによると、エボラ感染者は21までに、西アフリカ5カ国
で感染者が約6300人で、約3000人が死亡している。

bandicam 2014-10-02 15-07-41-100

エボラ出血熱に効く承認薬や特効薬はなく、対症療法の他、
エボラ出血熱からの生還した患者の血液から血清を作り

それを使い治療としている。

 

また、未承認薬も投与されている。

アビガンも候補薬の1つで、マウスの実験でエボラウイルスに
効果があったとする研究があります。
日本では、新型インフルエンザの医薬品として承認され、
約2万人分の在庫があるとされている。

スポンサードリンク