たけしの家庭の医学!認知症の予防はできるのか?

スポンサードリンク

認知症は予防が可能?

たけしの家庭の医学!認知症の予防

認知症発症の最大の原因とは?

脳に溜まるゴミ。

認知症患者の大きな特徴は、脳の中に茶色のシミのようなゴミが沢山溜まってくるのです。

脳の茶色のシミの様なモノこそが脳のゴミと言われています。

この脳のゴミが増えることこそが、認知症発症の最大の原因と考えられているのです。

その蓄積を食い止める秘訣は、脳のゴミを身体の外に捨てることなんです。

 

 

脳のゴミを外へ出してしまえばいい

このような脳のゴミが増えることこそが認知症発症の最大の原因と考えられているのです。

しかし、脳のゴミは誰にでもあることで、誰でもゴミは持っているのです。

もし、脳のゴミが増えても、そのゴミを外へ出してしまえば良いわけなんですよ。

若い人達は、例え脳のゴミが出来ていても、上手く外へ排出しているわけなんです。

それで、いかに脳のゴミを出す力があるのかで認知症を発症するか発症しないかが決まるのです。

その脳のゴミを吐き出す力があれば認知症にならなくて済む訳です。

 

もちろん、若い人でも上手く脳のゴミを排出出来ずにいる人もいますが、そのような人は、若年性認知症(若年性アルツハイマー)になっていくのです。

歳をとっても脳のゴミを排出している人は、認知症にはなりにくい訳なんですよ。

 

のゴミ出し力が強ければ、認知症予防も夢では無いわけなんです。

脳のゴミ出し力を手に入れることで、認知症予防も夢ではありません。

 

たけしの家庭の医学!認知症の予防

人間ドック検診クーポンサイト「フォーライフ」

 

脳のゴミとは何?

果たして脳のゴミとはなんなんでしょうか。

また、脳のゴミ出し力を高めて、認知症を予防する方法とは。

2010年は439万人、2012年は462万人、2015年には525万人と右肩上がりですが、8年後には65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると言われています。

 

日本人の高齢化と共に増え続けている病、もはや人ごとではありませんね。

いつ我が身にも起こるやも知れませんね。

 

誰の身にも起こりうる認知症の原因となる脳のゴミとは、どんな悪さをしているのか。

脳のゴミが溜まることで神経細胞が死滅してしまうのです。

その結果認知症を発症してしまうのです。

 

では、どうすれば良いのか?

 

たけしの家庭の医学!認知症の予防

 

脳のゴミ出し力が衰える原因とは。

ここまで分かってきた!最新認知症予防の可能性では、例え脳のゴミが溜まったとしても、捨てることができる可能性があるということです。

その脳のゴミを捨てることの出来る力を手に入れることが出来れば、認知症の予防も夢ではありません。

 

 

脳のゴミ出し力を向上させる食材とは。

脳のゴミがなぜ溜まるのかは、今の医学ではまだ分かってはいません。

脳のゴミとは、タンパク質で、アミロイドβと呼ばれています。

脳に出来るアミロイドβは誰にでも出来るのですが、それを捨ててしまえば良いわけなんです。

 

認知症になる人のアミロイドβは、正常な人の25倍以上溜まってしまうのです。

それでは、なぜそれだけのゴミ出し力に差が生まれるのでしょうか。

脳の外へアミロイドβを出すにはある部分を維持することが非常に重要です。

 

年齢を重ねると、排泄の効率が悪くなって脳に溜まり安くなってくるのですが、

それはカラダのある部分の働きが悪くなってくるからです。

 

そうなんですよ、脳のゴミ出し力が低下する大きな原因とは、ある部分が弱いことです。

ぐうたら生活を続けると、ある部分が弱まり、脳のゴミ出し力を低下させてしまう。

 

つまり、運動不足や暴飲暴食を繰り返すと、脳にアミロイドβが溜まるということのようです。

 

脳のゴミ出し力をアップさせる方法とは、ある栄養素(レスベラトロール)を摂取し、ある部分を助ける、そうすると脳のゴミ出し力をアップさせる可能性が高まります。

レスベラトロールは、赤ワインとピーナッツの薄皮に沢山入っている成分です。

 

 

脳のゴミの正体とは

脳の中にタンパク質が固まったもので、アミロイドβと言われていますが、なぜ溜まるのかは未だに分かっていいないのです。

それは、まだ研究中のようです。

また、脳のゴミであるアミロイドβが作られないようにするための根本治療薬の開発が進められていますので、将来的には完成するでしょう。

しかし、最近の研究では、例えゴミが作られてしまっても、捨ててしまえばいい、というゴミ出し力の研究が進んできています。

脳のゴミは誰でも作られる物なんですから、捨ててしまう力さえ高めればいいのです。

脳のゴミ出し力が衰えて認知症を発症した方のアミロイドβが溜まった量は半端ではない量です。

それは、正常な方の25倍のゴミの量です。

 

たけしの家庭の医学!認知症の予防

 

脳のゴミ出し力の差はなぜ生まれる

国立循環器病研究センター脳神経内科部長の猪原匡史先生ですが、猪原先生は日本で最初にアミロイドβを捨てる力についての研究をされています。

5年前にその原因の1つにたどり着いたようです。

アミロイドβを常に脳の外へ出すためには、ある部分を維持することが非常に重要だということが分かってきました。

年齢を重ねてくると、その排泄の効率が悪くなって脳に溜まり安くなってくるのです。

先生によりますと、脳のゴミ出し力が低下する原因の1つは、加齢などに身体のある部分の動きが悪くなることです。

果たして、そのある部分とはどこなのでしょうか?

ある部分の動きを悪くするとどれだけ脳のゴミ出し力が低下するのか?

プラズマローゲン

 

血液中のアミロイドβの量を測定すると

脳のゴミ出し力が高いと、血液中に排出され悪さをすることはありませんが、反対に脳のゴミ出し力が衰えていると、血液中に排出されるアミロイドβの量が減ります。

つまり、血液中のアミロイドβの量が少ないと、脳の中のアミロイドβが余り捨てられなかったということになります。

ぐうたら生活をしていると、有る部分の動きがないので、アミロイドβが溜まり安くなります。

それは、血管の拍動が低下するとアミロイドβの排出が悪くなるのです。

アミロイドβが細胞で発生し脳に溜まっています。

その時、血管がしっかり拍動していると、脳で作られたアミロイドβは血管から脳の外へと押し出され、最終的に身体の外へ排出されます。

 

 

脳のゴミ出しが低下する原因とは?

しかし、何らかの原因で拍動が低下すると、アミロイドβもその場で停滞、脳の外へ流れ出ることは出来なくなってしまうのです。

これがアミロイドβを捨てられなくなってしまう大きな原因なのです。

血管の拍動の低下は運動不足や暴飲暴食、喫煙などの生活習慣の乱れにより、動脈硬化を進めることが最大の原因です。

グータラ生活が長期間続くことが拍動を弱らせる危険因子なのです。

私達は運動不足になりますと、動脈硬化を経て動脈の拍動が弱まってきます。

ですから、運動不足にならないような生活をすることが、血管の拍動を維持して、老廃物のアミロイドβを脳の外へ捨てる力を維持することに繋がるのです。

 

 

血管の拍動を強くし、アミロイドβを捨てる力を高める予防・改善法

血管の拍動が低下すると動脈硬化になりやすく、脳血管性認知症になりやすいのです。

最近分かってきたことでは、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症が合併するのが多いことが分かってきました。

血管の拍動を弱めることは2つの認知症になりやすいことが分かってきました。

血管の拍動を弱めるとアミロイドβが流れないことをつきとめたのです。

たけしの家庭の医学!認知症の予防

 

脳のゴミ出し力をアップする方法

ある栄養素を摂取することにより、血管の拍動を助ける働きを行い、脳のゴミ出し力をアップさせるのです。

その、ゴミ出し力をアップする栄養素が「レスベラトロール」なんです。

 

脳のゴミ出し力をアップする栄養素のレスベラトロールとは?

レスベラトロールは、赤ワインの成分で非常に有名ですがアルコールが含まれていますので、その他で摂取するにはブドウの皮かピーナッツの薄皮になります。

レスベラトロールは、ブドウの皮かピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールの一種です。

しかし、まだまだ研究途中のため、どれくらい摂取すれば脳のゴミ出し力アップに繋がるのか、また認知症の予防にどれほどの効果があるのかなど、具体的な研究結果がまだありません。

 

レスベラトロールが豊富な皮付きピーナッツを食べて、脳のゴミ出し力はアップするのか検証。

  • ①1日10~15粒程度の皮付きピーナッツを食べる。②1日10分程度のウォーキングを行う。

たったこれだけですが、脳のゴミ出し力はどう変化するのでしょうか。

5日間続けた結果、血管に流れ出たアミロイドβ量を量ると驚く程多く血液中に流れ出ていました。

プラズマローゲン

人間ドック検診クーポンサイト「フォーライフ」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ