たけしの家庭の医学!血管を若返らせる方法とは?

スポンサードリンク

血管の老化防止の食材とは

年齢を重ねるとどうしても身体全体が老化してしまいます。

特に血管の老化が著しく、気が付くと自分の年齢よりも血管年齢が歳をとっていることが多く、高血圧や糖尿病にも著しく災いをもたらすことにもなります。

それではどうすれば血管を若返らすことが出来るのでしょうか?

食材によって老化の進んだ血管が若く蘇るのでしょうか?

 

果たしてそんな都合の良い食材があるのでしょうか?

番組ではそんな食材の検証をしながら血管年齢を測定してみました。

 

そして、その食材というか、栄養素が判明しました。

それは、亜鉛なのです。

 

 

亜鉛を摂取することで血管が若返る

 

亜鉛を摂取することで老化を始めた血管が著しく若返るようです。

亜鉛を積極的に摂取することで、高血圧も改善されます。

 

亜鉛と言えば、海の中の貝類の牡蠣(カキ)に豊富に含まれているようです。

その亜鉛を積極的に摂れば、老化の始まった血管さえも、たちまち血管の若返りが期待できるのです。

 

 

自分は亜鉛不足?

しかし、自分自身が果たして亜鉛不足がどうか分からないじゃないのでは。

それが出来るのです。


自分自身が亜鉛不足かどうかを確認することが出来るのです。

それは、亜鉛が不足すると味覚が衰え味の濃いものを好むことを利用し検証します。

 

亜鉛不足により、舌の部分の味を感じる味蕾の細胞が減少するため、味覚が衰え味覚の異常が起こるようです。

味覚が衰えると、濃い味の食事を好みますから、塩分量が増加、そして高血圧を引き起こす危険性が増します。

 

亜鉛不足がどうか検査してみましょう

 

自分が亜鉛不足かどうかを検査するには、コップ1杯(200ml)の水に耳かき3杯(約0.08g)の塩を入れる。

その水が塩味を感じたらクリアです。

もし、塩の入っている水が分からなければ、おそらく亜鉛不足になっている可能性が大です。

 


亜鉛が多く含まれる食材は色々ありますが、肉類や玉子などにも多く含まれていますが、歳を取ると肉類を敬遠しがちで野菜中心となってしまい、亜鉛不足に陥りやすくなります。

 

亜鉛不足ののちょい足し食材とは


亜鉛不足のちょい足し食材は、玉子1個、粉チーズ(パルメザンチーズ)、ゴマなどが亜鉛たっぷりなんです。

毎日の食事に、玉子や粉チーズそれにゴマなどをちょい足し食材として振りかけて食べると、劇的に血管年齢が若返ることが分かりました。


テレビでも、実年齢60歳の主婦の方の血管年齢が71歳だったのですが、ちょい足し食材を食べることで検証してみた結果、なんと血管年齢が49歳にまで若返りました。

 

血管年齢は少しの努力でも若返らせることが可能なんですね。


血管の老化防止、若返りに効果が期待できる「亜鉛ちょい足し食材」の「玉子」「粉チーズ」「ゴマ」を摂取してみて下さい。

きっと血管が若返って高血圧も改善されるはずですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ