主治医が見つかる診療所で毛細血管を若返らせる方法!

スポンサードリンク

毛細血管を若返らせる方法

主治医が見つかる診療所で毛細血管を若返らせる方法

 

あなたの老化をストップする方法。

毛細血管は体内のライフラインで、血管の95%以上を占めると言われいます。

人体を形成する30兆個以上の細胞に酸素や栄養素を運ぶ働きがあります。

もし、この毛細血管が衰えると、大切な栄養が隅々の細胞に届かなくなってしまい

シミ、シワなどの肌の不調を引き起こしたり、抜け毛や白髪、疲労や冷え

免疫力の低下などを引き起こしてしまうというのです。

しかも、毛細血管の量は40歳半ばから減り始め60代では

約40%も減るという驚きのデーターも。

じゃー私達は一体どうしたら良いの?

先生の話では

毛細血管は何歳からでも若返らせることができるんです

「エエエーーー、そうなのーーー・・??」

「そうなんだー、それは嬉しいーーー」

そうなんです、私達の毛細血管は

何歳からでも若返らせることが出来るのです。

そこで、今回は毛細血管はもちろんのこと

全身の血管を若々しくする方法を徹底調査

見つけたのが寒いこの時期でも出来る物ばかりです。

キーワードは

家の中』『カンタン』『わずかな時間

どうてすか、知りたくないですか?

この方法を行うことで

血管を改善して若々しくなる方法で

10歳若く見られるようになるぞ!!

と、言うことです。

まずは、今の健康状態、血管の状態をチェック

8項目のチェックです。

    以下の8つの質問に答えて下さい。

  • Q1.最近シミやシワが増えた
    Q2.薄毛や抜け毛、白髪が増えた
    Q3.キズが治りにくくなった
    Q4.冷え症だ
    Q5.目や口が渇くなど粘膜が弱くなった気がする
    Q6.胃もたれや胃腸炎が多くなった
    Q7.風邪を引きやすくなった
    Q8.爪が白っぽい欠けやすい凸凹がある

あなたはいくつ当てはまりましたか?

このチェックの数が多ければ多いほど

毛細血管が衰えている可能性があります。

毛細血管は歳をとると減ると言うことは事実なんですよ。

しかし毛細血管と言えどもやり方次第で増えます。

これは安心出来る説なんですが

さて、どうすれば毛細血管は増えるのでしょうか?

どうやったら良いんですか??

毛細血管が増えると

美肌、シミ・シワの予防、抜け毛や白髪の予防

冷え症の改善、胃腸の改善、風邪の予防

脳卒中や心筋梗塞の予防、がんの予防などにも繋がるのです。

ところで、どうしてがんにまで毛細血管が関与しているのか?

皆さんは不摂生のお陰でタバコであるとか、暴飲暴食をすると

粘膜がキズつきます。

それを細胞分裂で傷口を塞いでくれている訳なんですが

その毛細血管の血流が非常に悪くなってしまうと傷口が

塞がらなくなってしまいますよね。

これを塞ぐために永遠に細胞分裂する細胞が現れるのです。

この永遠に細胞分裂する細胞のことをがん細胞と言われるものです。

冷え症とがんの発生というのは

根っこの部分では繋がっているのです。

毛細血管の血流を良くすると

がんの予防につながるのです。

 

1週間で効果てきめん!

毛細血管を元気にする5大メソッド

1週間で毛細血管を元気にするメソッドとは

どんなものなのでしょうか?

主治医が見つかる診療所で血管を若返らせる方法

心臓から送り出された血液を循環させるためには

身体を動かすなどして末端まで行った血液を

心臓に戻してやることが必要です。

 

しかし、足を曲げたままなど長時間身体を動かさない状態が続くと

その部分の血流が滞ってしまい血の塊の血栓ができることがあります。

血の塊が肺に行くと肺血栓塞栓症になる、いわゆる

エコノミー症候群となります。

主治医が見つかる診療所で血管を若返らせる方法

 

そこで注目されたのが、毛細血管なのです。

毛細血管の機能が落ちちゃうと

色んな障害が起こります。

一方、毛細血管の機能が良くなれば

人間の身体の機能が良くなると言うことで

健康で長生きできることになります。

 

熊本地震の教訓を活かしたのが

毛細血管を元気にする方法なんですよ。

 

有る女性の毛細血管の画像ですが

いびつな形に蛇行していますし

血流も悪かったのですが

主治医が見つかる診療所で血管を若返らせる方法

1週間後にはご覧のようにまるでヘアピンのような形になり

血流も改善しました。

主治医が見つかる診療所で血管を若返らせる方法

それでは、毛細血管を元気にする方法とは

どんな物なんでしょうか?

 

それは、5つありますがその5つを全てやる必要はありません。

日頃できるカンタンなことなので続けていけば毛細血管を若返らせる

ことができます。

 

 

■1つ目は食生活です。

日頃の食事の中で比較的簡単に出来る

食生活を改善していきます。

それは、普段の食生活にある食材をちょい足しするだけです。

それは、血液サラサラになることで有名なタマネギです。

タマネギの中にある血液をサラサラにする硫化アリル

水に溶けやすいと言われています。

従いまして、水に浸さずにそのまま切って食べることです。

硫化アリルとはタマネギの辛味成分ですが

これが血液をサラサラにする成分なのです。

水に晒さずオニオンスライスに卵の黄身と鰹節を載せたモノが

オススメです。

卵の黄身でタマネギの辛味が抑えられます。

 

 

■2つ目は温めるということです

首の付くところを温めると言うことです。

首筋、手首、足首など首の付くいわゆる冷えやすいところを

温めるということです。

マフラーをしたり、手袋をしたりして

そのようなところが冷えないように普段から

気をつけることが非常に重要です。

首筋、手首、足首は皮膚に近い所に動脈が通っていますから

その3カ所が冷えると血液循環の要である動脈が冷えます。

その結果毛細血管の血流も悪くなります。

主治医が見つかる診療所で血管を若返らせる方法

この寒い時期はマフラーや手袋で首筋や手を冷やさないようにすることが

非常に大切なことなんですよ。

 

 

■3つ目はさすることです

毛細血管は皮膚のすぐ下に沢山張り巡らされているので

皮膚の表面をさすることで血液の循環を良くします。

皮膚の表面を軽くさするだけでも

血流を良くすることができます。

 

■4つ目は揺することです。

身体を揺することによって血の巡りを良くしようとすることです。

座っても良いですが、出来れば立ってやることです。

いわゆる、でんでん太鼓みたいにブラブラ身体を回す運動です。

でんでん太鼓体操です。

 

■5つ目は気持ちのケアです。

人間ってイライラすると交感神経優位になって

緊張状態になり戦闘モードになって

仕事ははかどるんですけど

もの凄く消耗しちゃうんですね。

それで、1番良いのはイライラし始めたら

心の中でイライラしないと心の中で言い聞かせます。

近年のアンガーマネジメントでは

イライラのピークは6秒程度で

例えイライラしても6秒間ガマンすれば

気持ちをコントロール出来るようです。

 

あとは、ぬるめのお風呂に浸かり深呼吸しながら

ふくらはぎを反対側のヒザでこする。

ふくらはぎのマッサージを行うこと。

ぬるめのお風呂は副交感神経が優位になり

血管が拡がりマッサージで血流が良くなります。

 

甘い飲み物や食べ物・炭水化物などに含まれる

糖質の摂りすぎは、動脈硬化の原因になりますので

注意が必要です。

糖質の摂りすぎには十分気をつけて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ